【中古車査定入門ガイド】無料査定で損しない方法を教えます!

車を売る3種類の方法

 

車の売り方には
大きく分けて3種類あります。

 

車を売る3種類の方法
  • ネットオークションなどで「個人売買」する
  • 新車・中古車の販売業者に「下取り」してもらう(←新たな購入が前提)
  • 中古車の買取専門業者に「買い取り」してもらう

 

 

 

説明・解説

個人売買

ネットオークションなどを利用して、個人で売買する方法です。中間マージンがほぼ発生しないため、3種類の売り方の中で、最も高い利益率を叩き出せる可能性があります。

 

「個人売買」のメリット

オークションなどのシステムを利用する手数料や、個人でいろいろ作業する手間賃がかかる程度なので、市場の相場程度で売ったとしても、まるまる自分の利益になります。

  • 個人売買は高額で売れる可能性がある
  • 中間マージンが発生しないため利益率が高い

 

「個人売買」のデメリット

車の売買にはいろいろと複雑な手続きがあるため、十分な知識と経験が必要です。実際に個人で売ろうと思っても、何から手を付けたらいいか分からず、戸惑うばかりではないでしょうか。

  • 車の売買には複雑な手続きが必要
  • 十分な知識と経験が必要
  • 購入者とのトラブルも怖い

 

「個人売買」の評価

取り組みやすさ

利益の大きさ

総合評価

下取り

車を新しく買うときに、車の販売店に今乗っている車を買い取ってもらう方法です。現金の受け渡しはなく、新たに購入する車の購入費から、下取り料という名目で差し引かれます。

 

「下取り」のメリット

新しく車を購入する予定がある場合は、多くの方が、購入予定の販売店で下取りしてもらうと思います。というのも、下取りには、「めんどくさくない」というメリットがあるからです。

  • めんどくさくない
  • 交渉の必要がない

 

「下取り」のデメリット

下取りを利用すると、あまり高く買ってもらえません。あるいは、高額で下取りするように見せかけておいて、あなたが購入しようと思っている車のオプション代などで相殺しているケースも多いです。

  • 高く買ってもらえない
  • 高く買うように見せかけてボッタクられている

 

下取りを利用すると、ほぼ確実にボッタクられます。高額で下取りするように見せかけつつ、一定の利益を確保した中で、帳簿的な数字の調整でやりくりしているだけです。

  • あなたに車を売って利益が出る
  • あなたから下取り購入する車を転売して利益が出る

ダブルで利益が出るため、販売店にとって、ひじょうに「おいしい話」なんです。

 

「下取り」の評価

取り組みやすさ

利益の大きさ

総合評価

買い取り

当サイトでは、車の買取業者に「買い取り」をしてもらう方法をおすすめします。複数の買取業者から見積もりを集めて、業者間で競争させることで、高額査定を引き出せます。

一般的な手順

 

・インターネットの「無料査定」に申し込み

・買取業者と電話でやり取り

・査定士(営業マン)が出張してきて査定

・査定額に満足なら契約

・お金が振り込まれる

 

「買い取り」のメリット

複数の買取業者に競争してもらうため、多少の交渉をめんどくさがらなければ、思わぬ高額査定を勝ち取ることが可能です。需要と供給という市場原理の基本に基づいた正しい方法です。

  • 市場原理の基本に基づいた方法
  • 予想以上の高額査定を勝ち取ることも多い

 

「買い取り」のデメリット

複数の買取業者とやりとりするのがめんどくさいと感じるかもしれません。しかし、ひと手間かけることをめんどくさがらなければ、確実に高値で売りさばくことが可能です。

  • 複数の買取業者とやりとりするのがめんどくさい
  • 交渉ごとが苦手な人は敬遠しがち

 

「買い取り」の評価
取り組みやすさ 利益の大きさ 総合評価



ズバット車買取比較 楽天オート かんたん車査定ガイド

詳細を見る≫

詳細を見る≫

詳細を見る≫


 

車を高く売るための一番のポイントは、「どれだけ多くの見積もりを集められるか?」ということに尽きるところがあります。一括見積もりのサービスを賢く利用して、なるべく手間を掛けずに見積もりを集めるのが個人的におすすめです。