【中古車査定入門ガイド】愛車を相場価格より高く売る方法を教えます!

【愛車を高く売る戦略2】査定を申し込む前の下準備


何をするにしても「事前の準備」がとても大切です。例えば、おいしい料理を作ろうと思ったら、材料をそろえたり、下味をつけたり、いろいろ準備しますよね? あるいは、女性をデートに誘う場合だってそうです。事前にお店を予約して、プレゼントを用意して、いろいろ準備するからこそ思い出に残るデートになります。よく「段取り八分」なんて言いますが、準備の段階で結果の8割は決まってしまうわけです。

愛車を高く売るために

最低限どんな準備が必要か?


では、車を売る場合はどうでしょう? もちろん車を売る場合だって、事前に準備してるかしてないかで、査定額がぜんぜん変わってくる可能性があります。ネットで一括査定に申し込む前に、最低限の準備くらいはしておくべきだということです。

ちなみに、具体的に何をやっておけばいいかというと、じつはそんなに難しいことはありません。具体的には次の「2つだけ」やっておけば大丈夫です。

車の無料査定に申し込む前の下準備
  • 愛車のデータ整理
  • 洗車、掃除

とりあえず2つだけやっておきましょう



愛車のデータを整理

あなたが最初にやるべきことは、愛車のデータを整理すること。愛車のデータというのは、例えば「年式」「走行距離」「特別装備」などなど、買取業者から聞かれそうな情報一式のことです。

ここであなたは思ったかもしれません。「なんで愛車のデータなんか整理しなきゃいけないの?」って。それにはもちろん、ちゃんと理由があります。その理由は、あなたの愛車は、あなたが販売する商品だということです。つまり、あなたが販売者で、買取業者がお客様ということです。

「愛車」=「あなたの商品」


ここで考えてみてください。もし、何か商品を売ろうと思ってる人が、自分の商品について詳しくなかったらどうでしょう?

例えば、家電量販店に行って、テレビを買おうか迷ってるとします。もし、そこの店員さんが商品のテレビについて詳しくなかったらどうでしょう? お客様はそのテレビを買うでしょうか?

車の売買も同じです。愛車を少しでも高く売りたいなら、商品であるあなたの車について十分な知識を持ってないとダメなんです。ということで、最低限、次の項目は調べてメモしておきましょう。

事前にメモしておくべきこと

メモ欄
(あなたが記入)

備考

メーカー名

トヨタ

車種名

プリウス(グレード「●」) グレードは?

年式

平成●●年
(購入して4年6ヶ月)
今現在、買って何年何ヶ月?

走行距離

36,000キロ
(年平均8,000キロ)
平均年間走行距離は?

事故歴

無し

目立つ傷の有無

バンパーに小石の跳ね傷

右ドア下部の塗装はがれ

車検日

平成●年●月●日
(残り●年●ヶ月)
残り何年何ヶ月?

特別装備

本革シート

助手席エアバッグ

アピールポイント

禁煙車

5,000キロごとにオイル交換

なるべくたくさん考えておく
※どうしても分からない項目は、空白のままでもかまいません。
※このメモは相手には見せません。自分用のカンニングペーパーです。

こういった数字やデータって、意外とパッと出てこないと思います。つまり、事前に調べておかないと、交渉時にしどろもどろになってしまうわけです。

では、交渉時にしどろもどろになってしまうとどうなるか? そうなると、精神的に相手が優位に立ってしまいますよね。すると、相手になめられてしまって、価格交渉が相手のペースで進んでしまうリスクが高まります。つまり、安く買い叩かれてしまうリスクが高まるわけです。

事前に準備しておくことで

あなたの真剣度が相手に伝わる


初対面の相手と交渉するときは、自分が上の立場に立つことが重要です。「こいつ、できるな!」「こいつ、手ごわそうだな!」と思わせなきゃダメなんです。

だからこそ、出張査定を受ける前に、愛車の基本情報をしっかりまとめておきましょう。そうすれば、あなたの本気度が相手に伝わりますし、相手も真剣になって価格交渉の舞台に上がってきてくれます。


洗車、掃除

次にあなたにやってほしいことは、愛車をキレイにすることです。ボディーをキレイに洗車して、室内のゴミや汚れを掃除しておくということです。これだけで査定額が数万円単位で変わったりするので、意外とバカにできないポイントだったりします。

ちなみに、車をキレイにするのは、査定額を上げるためではありません。査定額を上げるというよりも、「査定額を下げられる口実を与えないため」です。そして、あなたが「自信を持って交渉に望めるようにするため」でもあります。

車をキレイにしておくと

あなたの「信頼性」が高まる


車をキレイにしておくと、査定士さんは「あぁ、このオーナーさんは、常識が分かってる人だな」と思います。すると、あなたという人物を信頼しても大丈夫という気持ちになり、「この人の車なら大丈夫だろう」という気持ちになるわけです。

するとどうなるか? 査定士さんはあなたのことを信頼してもいいという気持ちになってるため、細かい「アラ探し」をされずにすみます。査定額を無理に下げようとはしなくなるということです。

あなたの「商品」をキレイにしましょう


交渉っていうのは、最後は個人と個人の「信頼感」で決まるものです。車がどうこうだけじゃないんです。あなた自身が信頼できる人物であるか? そこも見られているということを分かっておいてください。

 

もし、あなたが査定士だったら、汚れてる車はちょっと警戒したくなりませんか? 何かとんでもない欠陥が隠れてないだろうかと、疑いの気持ちで念入りにチェックしませんか? 査定士さんだって人間です。相手の立場に立って、相手に警戒心を持たせないようにすることが大切ですね。




ただし、あんまりピカピカ感が出ちゃっても、おかしいかもしれないですね。査定のためだけにピカピカに磨き上げた感じがするからです。あくまでナチュラルに、普段からキレイにしてますよって印象を与えるのがいいかもしれないです。

便利な一括査定を試してください

※査定サイト一覧はこちら