【中古車査定入門ガイド】無料査定で損しない方法を教えます!

車の出張査定で査定士と価格交渉するときの注意点

 

交渉を成功させるコツとは?

 

 

買取業者が最初から高値を提示することは絶対にありません。買取業者はビジネスで車の買取をやっていますので、なるべく低い値段で買おうとするのは当然のことです。

 

あなたが望む高額査定をゲットするためには、価格を引き上げてもらえるような対策が必要になってきます。いわゆる「価格交渉」というやつです。

 

 

一般論として、価格交渉のポイントは・・・

 

  • 相手にメリットを与える
  • 相手の感情に訴える
  • ライバルと競わせる

 

この3つの戦略で進めていくのが普通です。

 

ただし・・・

 

 

ライバルと競わせるしかない!

 

買取業者同士で競争させるしかない!

普通に考えて、あなたが買取業者の査定士さんに対して、何かメリットを与えるというのは不可能だと思います。もし仮に、あなたがその査定士さんに、「見込み客リスト100件」とかをプレゼントできるのであれば、査定士さんにとって大きなメリットになります。査定額も目一杯上げてくれるでしょう。

 

しかし、そのようなメリットを与えることは、普通の人には無理ですし、あなたにもおそらく不可能なことではないでしょうか。

 

 

さらに、査定士さんとは初対面ということが普通ですし、知り合いでもなんでもないので、相手の感情に訴えることも無理ですいくらあなたが、「この車を100万円で買ってもらえないと死ぬ」とか言ってみても、その査定士さんにとっては全く関係ないことです。

 

つまり、感情に訴えるという作戦も、ほとんど効果は見込めません。

 

 

ということは・・・

 

 

必然的に「ライバルと競わせる」という方法で進めていくしかないということになります。ぜひ、それぞれの買取業者の査定士さんたちを、「ライバルと競わせる」という状況に追い込むということを意識してください。

 

 

シンプルなことをシンプルにやればいい

 

そもそも、私たち一般人が、買取業者の査定士(営業マン)相手に価格交渉ができるなんて考えないほうがいいです。相手は私たちよりも圧倒的に場数を踏んでいますし、ありとあらゆる交渉パターンを熟知しているからです。

 

仮に価格交渉がこちらの思うままに進んでいるように見えてもそれは錯覚です。こちらが交渉権を持っているように見せかけておいて、実はその営業マンの手のひらで踊らされていることがほとんどだということです。

 

価格交渉には、「経験」と「スキル」が必要です。そして、その価格交渉スキルは、相手の方がレベルは数倍上だと思って間違いありません。

 

 

そこで・・・

 

 

あえて価格交渉はしない!

 

 

ということを、当サイトではあなたに提案したいと思います。

 

価格交渉しようとすればするほど、相手のペースに巻き込まれていきます。そして、相手の思い描いている通りの結論に落ち着きます。

 

そういう小手先のテクニックは意味がありません。あえて価格交渉はせずに、シンプルに価格を引き上げていくことをおすすめします。

 

・最初の1社目の出張査定(←このあと4社が査定にくることを伝える)

・2社目の出張査定(←1社目の結果を教える)

・3社目の出張査定(←1,2社目の結果を教える)

・4社目の出張査定(←1〜3社目の結果を教える)

・5社目の出張査定(←1〜4社目の結果を教える)

 

たったこれだけでOKです。基本的には、5社目まで査定額が引き上げられていきます。

 

この作戦で必要なのは「交渉力」ではありません。無料査定を依頼した「買取業者の数」だけが重要なんです。

 

1社あたり1時間とすれば、おそらく1日に5社が限界ではないかと思いますが、とにかく5社を同じ日に横並びで競争させるわけです。交渉力など一切必要ありませんので、これなら誰がやっても高額査定をゲットすることが可能です。

 

 

 

各社とも、「今すぐに決めてください」と言うと思います。でも、「各社比較して、条件のいいところに決めます」と言って、その場は一旦保留にしてもらって問題ありません。

 

大切なことは、「あなた自身が損をしないこと」です。相手のペースに巻き込まれる必要はありません。

 

 

「価格交渉」をするわけではありません。
「駆け引き」をするわけではありません。

 

理路整然と手順に従って資料(各社の査定金額)を集め、比較検討して最も有利な条件を提示してくれた業者に決めればいいだけです。

 

 

ちなみに・・・

 

 

あからさまに競争させると、相手が機嫌を損ねるんじゃないかと心配になるかもしれません。しかし、相手も他社と比べられることは日常茶飯事で慣れています。業者同士が鉢合わせすることも普通です。あなたが気を使う必要はありません。

 

また、多少グダグダ言う人がいるかも知れませんが、その査定士とは二度と会いませんので気にしなければいいだけです。グダグダ言うような失礼な営業マンは営業マン失格ですし、お友達じゃないんで無視してください!


 

 

もうひと手間かけて高額査定を引き出せ!

 

ここまで、「価格交渉はするな!」というお話をしてきました。それは、シンプルにライバル同士を競わせる以外に、査定額を引き上げる有効な方法がなかったからです。

 

しかし、5社分の査定額が確定した時点では、少し状況に変化が出てきます。つまり、「価格交渉できる状況」になるということです。

 

 

最後に1回だけの価格交渉で査定額を引き上げる裏ワザ!

 

 

あなたはここまでの段階で、「5社分の査定額」を手に入れました。普通であれば、この5社分の査定額の中で、最も高い業者を選定することになると思います。しかし、ここでもうひと手間かけましょう。

 

今回の5社の査定士さん(営業マン)の中で、最も感じが良くて、話しやすかった人を1人選んでください。そして、その人に電話をかけて、価格交渉してみましょう。

 

 

 

先ほどは出張査定していただいてありがとうございました。とりあえず5社分の査定額が確定しまして、最高額が「●万●千円」でした。

 

ただ・・・

 

最高額を出してくれた営業マンさんがちょっとイマイチで、感じ悪い人だったんですよね。

 

正直言って、「●●さん(←相手の営業マン)」が一番感じが良くて、印象が良かったんで、もし、「●万●千円」と同等か、もう少し出していただけるのであれば、●●さんのところでお願いしたいと思うんですけどどうでしょうか?


 

 

先ほど、価格交渉のポイントは・・・

 

  • 相手にメリットを与える
  • 相手の感情に訴える
  • ライバルと競わせる

 

この3つの戦略だというお話をしました。

 

 

そして、今回ご紹介した方法は、「相手の感情に訴える」方法になります。相手の感情を動かすには、少なくとも一度会ったことがないとダメです。だからこそ、初対面の段階では感情に訴える作戦は封印しました。

 

しかし、この時点では、一度会って話をしていますし、お互いに面識があります。しかも、相手から「あなたが一番感じが良かった!」と言ってもらえるわけなんで、たとえお世辞でもうれしい気持ちになるのが人情ですよね?

 

 

しかも、本当にあなたが感じが良かったと思っている人を1人選んで電話しているわけなので、「あなたが一番感じが良かった!」という言葉にウソはありません。相手を小手先のテクニックでだまそうということではなく、本当に感じが良かったと思った人に「ラストチャンス」を提案しているだけです。

 

  • 相手にとって・・・成約を決めるチャンス、ほめてもらってうれしい
  • あなたにとって・・・査定額がさらに上がる可能性がある

 

お互いに「Win-Win(ウインウイン)」の関係になる提案なんです。

 

価格の交渉っていうのは、最後の最後は「人と人の関係」なんです。決して、その業者がどうとかではなくて、あなたと査定士さんとの、信頼関係が大きく影響してくるんです。

 

普通はこれで、査定額を「最高額+数千円〜数万円」に上げてくれるはずです。

 

 

ワンポイントアドバイス

 

ただし、このような提案をしても、どうしても乗ってこないこともあると思います。最高額を聞いて「いやー、うちではちょっとその値段は・・・」となってしまうケースです。

 

こういう場合は、今回提示されている最高額が、すでに相場価格を超えた利益度外視の価格だということです。

 

すでに最高額の提示を手に入れているということですので、ここはさわやかにあきらめてください。



ズバット車買取比較 楽天オート かんたん車査定ガイド

詳細を見る≫

詳細を見る≫

詳細を見る≫


 

車を高く売るための一番のポイントは、「どれだけ多くの見積もりを集められるか?」ということに尽きるところがあります。一括見積もりのサービスを賢く利用して、なるべく手間を掛けずに見積もりを集めるのが個人的におすすめです。