【中古車査定入門ガイド】愛車を相場価格より高く売る方法を教えます!

【車査定Q&A】無料査定後の返金請求

査定してもらって、契約も終わって、車を引き渡した後で返金請求されることがあると聞きました。後から返金請求っていうのは、明らかに違法だと思いますがどうなんでしょうか?

中古車買取業者とのトラブルでたまに耳にするのが、契約が終わって、車も引き渡した後に「返金請求」が来たというものです。なぜ返金請求が来ることがあるのかというと、車を引き取って詳しく調べたところ、何らかの重大な欠陥があることに後から気づいたからです。

 

あとで返金請求されないように対策しておきましょう

 

 

契約後に返金請求があるモデルケース

 

例えば、次のようなケースが考えられます。

 

出張査定で提示された査定額が「100万円」だった

その「100万円」で成約

車の引渡し、「100万円」の受け取り

後日、査定時に見逃した減点ポイントが判明

正式な査定額は「80万円」だったとして、差額「20万円」の返金請求

 

車を売ったこちらからすれば、査定担当の営業マンさんが査定ミスしただけの話です。買取業者側の問題であり、こちらには関係ないはずです。それにもかかわらず、後から一方的に返金請求してくるなど、とても納得できることではありません。

 

しかし、実際には、返金請求は契約上問題ないということになっています。なぜなら、ほとんどの買取業者が、契約約款の中に小さな字で「返金請求の可能性」について記載しているからです。

 

 

突然の返金請求で困らないための対処法

 

ここで困ってしまうのが、愛車を売って手に入れたお金を、すでに使ってしまったケースです。金額にもよりますが、いきなり数十万円返せと言われても、手元にお金がなければ返したくても返せません。下手すると、借金して返さないといけないなどということにもなりかねません。

 

そこで、私たち個人の立場でできることといえば、次のようなことが考えられると思います。

 

 

【1】事故歴などの大きな減点ポイントは隠さない

 

事故歴などの明らかな減点ポイントがある場合には、隠さないほうが無難です。出張査定の場では分かりにくくても、ジャッキアップして下からじっくり見たらバレるからです。

 

 

意図的にだまそうとしたと判断されれば、相手も容赦なく返金請求してきます。そうなるとまず勝ち目はないので、事故歴などは最初から正直に申告したほうが無難ですね。



 

 

【2】受け取ったお金はしばらくストックしておく

 

もし貯金に余裕がない場合には、受け取ったお金はしばらくストックしておいたほうが無難です。「しばらく」というのが具体的にどの程度かというと、1〜2ヶ月程度みておけば大丈夫ではないかと思います。というのも、中古車買取業者は、買い取った車を比較的短期間で市場に流すからです。

 

 

【3】できるだけ多くの買取業者に査定をお願いする

 

一括査定など利用して、なるべく多くの買取業者さんに査定してもらってください。できれば5社以上にお願いした方がいいです。なぜなら、5社くらいいれば、優秀な査定士さんが必ずいるものだからです。

 

仮にA社の査定士さんが査定ミスしても、B社の査定士さんは正確な査定ができるかもしれません。すると、A社の査定士さんも「あれっ?!」という気づきが出て、査定ミスを防ぐことにつながります。

 

 

【4】「返金請求がないようにしてください」と念を押しておく

 

出張査定のその場で、査定士さんに「返金請求がないようにしてくださいね!」と念を押しておくのは有効です。なぜなら、返金請求がないように緊張感を持って査定してもらえるからです。

 

「返金請求はありません」というひと言を引き出しましょう

 

さらに言えば、「大丈夫です! 返金請求はありません」というひと言を引き出せるとより好ましいです。返金請求はありませんと口に出して言わせると、返金請求しにくくなるものだからです。

 

いずれにしても、後から返金請求が来ると、精神的にもお財布的にもダメージが大きいです。このようなトラブルに巻き込まれないように、できる範囲で注意したいものですね。

 

便利な無料一括査定

※査定サイト一覧はこちら