【中古車査定入門ガイド】愛車を相場価格より高く売る方法を教えます!

【車査定Q&A】自分で店舗に持ち込む vs 出張査定に来てもらう

車を査定してもらおうと思っています。自分で買取業者の店舗に車を持ち込むのと、ネットで申し込んで出張査定してもらうのとで、査定額が変わったりするでしょうか? もし変わるとすれば、どちらがお得でしょうか?

結論から言うと、自分で店舗に持ち込んでも、出張査定を依頼しても、査定額に差が出るとは考えにくいです。というのも、ある程度の大手買取業者であれば、各社とも出張査定専門のスタッフがいて、出張経費などはあらかじめ見込んでいるはずだからです。

 

特に、一括査定サイトを利用して出張査定を依頼する場合には、出張査定だからといって値引かれることは考えにくいです。なぜなら、ライバル業者よりも少しでも高い査定額をつけないと競り負けるわけで、本気で買い取るつもりがあれば、出張経費をせこく上乗せしている場合じゃないからです。

 

ということで、営業マンに遠慮する必要はないので、出張査定に来てもらった方がいいと思います。その方が圧倒的に効率的ですし、結果として見積もりもたくさん集めることができるはずです。

 

自分で店舗に持ち込む 出張査定に来てもらう
メリット

自分で選んだ買取業者だけにアプローチできるという点に、メリットを感じる人はいるかもしれません。

 

デメリット

自分で各店舗を移動しないといけないので、時間効率がとても悪いです。時間効率が悪いということは、見積もりを集めるにかなりの時間がつぶれてしまうということでもあります。体力的に疲れてしまいますし、疲れて「妥協」しやすくなることが懸念されます。

メリット

相手に希望時間に来てもらうだけなので、自分で持ち込むよりも時間効率がはるかにいいです。1日あたりに手に入る見積もりの数を最大限に増やせるので、価格交渉するうえで有利です。また、体力的に疲れないので、根気強く価格交渉できるメリットもあります。

 

デメリット

営業マンが部屋に来るので、特に女性の一人暮らしなどでは抵抗を感じる方もいらっしゃると思います。そのような場合には、友人・知人などに同席してもらうといいかもしれません。

 

ちなみに、出張査定しに来る営業マンは、買取が成功すると、通常の給料とは別にその分の手当が出るケースもあるそうです。つまり、営業マンの立場からすると、出張査定は意外と「おいしい」ものだったりするわけです。

 

なので、「わざわざ来てもらうのは申し訳ないかも」などと思う必要はありません。自信を持って営業マンに出張査定に来てもらいましょう。

 

便利な無料一括査定

※査定サイト一覧はこちら