【中古車査定入門ガイド】愛車を相場価格より高く売る方法を教えます!

【車査定Q&A】事故車であることを正直に言うかどうか

今乗ってる愛車を査定に出そうかと思っています。ただ、以前、信号待ちで後ろから衝突事故されたことがあって、修理したことがあるのが気になっています。ぱっと見ただけでは事故車とは分からないと思うのですが、査定のときに正直に話さないとまずいでしょうか? それとも、事故車であることはだまっていても、見た目で分からなければ問題ない感じでしょうか?

事故の程度にもよると思うんですけど、溶接したり、大掛かりな修理をしたことがあるなら、「じつは事故車なんです」と正直に話したほうが無難だと思います。なんでかというと、査定のときに事故車とバレなくても、あとでジャッキアップして調べたら事故車だってすぐバレちゃうからです。

 

 

あとで事故車とバレたらどうなるか?

 

あとでバレると、けっこう大変です。買取業者から一方的に「返金請求」の連絡がきて、お金を返せと言ってくるからです。

 

これを拒否すると、ヘタすると裁判ざたになったりして、ますます面倒なことになってしまいます。お金がからむ話なので、弁護士を立てて本気でやってくるわけです。こうなると個人では勝ち目がないですし、最初から素直に事故車であることを申告したほうがいいと思います。

 

ということで、事故車であるという自覚があるなら、素直に自己申告したほうがいいです。事故車であるという情報を相手に伝えたうえで、転売に耐える状態なのかどうかをビジネスライクに判断してもらうわけです。後々もめたくないなら、これが一番安全な方法です。

 

 

事故車か? 事故車ではないか? 判断基準は?

 

一方で、バンパーが凹んだ程度の軽めの事故なら、わざわざ自分から言うほどのことはないかもしれないです。判断が難しいですけど、その程度の軽い損傷なら、相手も事故車扱いにはしないはずだからです。「事故歴」というよりも、「修理歴」として処理すると思います。

 

事故車かどうかを判断するポイントとしては、車の「骨格」にあたる部分が損傷を受けたことがあるかどうかが重要です。

 

骨格部分に損傷を受けていると事故車になります

 

車の基本骨格が損傷を受けていると、安全性が低下してしまいますし、操作性も低下してしまいます。さらに言えば、ドアの締まりが悪くなるなど、快適性にも影響が出たりします。車の基本骨格は、車が車であるために最も重要なパーツなんです。

 

車の骨格は交換できません。例えば、エンジンが壊れた場合には、エンジンを交換すればいいだけですよね? タイヤがパンクしたら、タイヤを交換すればいいだけですよね? でも、車の骨格は、エンジンやタイヤのように交換することができないパーツなんです。だからこそ、車の骨格が損傷を受けてしまうと、中古車市場で商品価値がガタ落ちしてしまうというわけです。

 

ということで結論ですが、「車の基本骨格に損傷を受けたことがある」なら事故車として自己申告すべきかなと個人的に思います。一方で、そこまでの激しい事故じゃなかったなら、「バンパーの凹みを修理したことがあります」といった感じで、修理歴を伝えればそれで十分ではないでしょうか。

 

便利な一括査定を試してください

※査定サイト一覧はこちら