【中古車査定入門ガイド】無料査定で損しない方法を教えます!

【車査定Q&A】直販系とオークション系の違い

直販系とオークション系ではどちらの査定額が高いですか?

車の買取業者には、大きく分けて2種類あります。

 

  • 直販系
  • オークション系

 

それぞれ簡単に説明しますと・・・

 

 

直販系

 

「直販系」の買取業者は、買い取った車を、自社の販売店で中古車として販売します。買取から販売までに、他社の中間マージンが発生しませんので、その分を買取査定額に上乗せできる可能性があります。

 

ただし、人気のない車などでは、買い取ったものの、なかなか売れずに、在庫として経費がかかる場合もあります。この在庫がふくらんでしまうことのリスクを、買取査定額にどの程度見積もるかが査定士の目利きの部分になります。

 

メリット

中間マージンが発生しない分を買取査定額にプラスできる

 

デメリット

在庫が膨らむリスクを買取査定額に見込む必要がある

 

 

オークション系

 

「オークション系」の買取業者は、買い取った車をすぐに業者専用のオークションで競売にかけます。あるいは、自社で販売網を持っている場合は、一定期間だけ自社の販売リストに入れておき、一定期間経過後にすみやかにオークションに出します。

 

つまり、基本的に横流しにするので、在庫が膨らむリスクがありません。

 

ただし、買取業者の収益やオークション経費などが「中間マージン」となって、中古車販売業者の利益を圧迫するため、オークションの落札額が上がらないケースもあります。そのようなケースが想定される場合には、買取査定額も高くすることができません。

 

メリット

在庫が膨らむリスクがないため、その分を買取査定額にプラスできる

 

デメリット

中間マージンのため、買取査定額を高くできない場合がある

 

 

直販系とオークション系のどちらの査定額が高いか?

 

以上ご説明してきたように、「直販系」にも「オークション系」にも、メリットとデメリットがあります。また、車種ごとの人気であったり、状態であったり、時期であったり、いろんな要因が複雑に絡みますので、一概にどちらの査定額が高いとは言えません。

 

つまり、「直販系」か「オークション系」かで悩むこと自体がナンセンスで、どちらのタイプの買取業者にも無料査定を依頼して、実際の査定額を比較してみるしかありません。

 

査定自体は無料なので、ムダなことで悩まないで、どちらも利用してみてください。



ズバット車買取比較 楽天オート かんたん車査定ガイド

詳細を見る≫

詳細を見る≫

詳細を見る≫


 

車を高く売るための一番のポイントは、「どれだけ多くの見積もりを集められるか?」ということに尽きるところがあります。一括見積もりのサービスを賢く利用して、なるべく手間を掛けずに見積もりを集めるのが個人的におすすめです。