【中古車査定入門ガイド】愛車を相場価格より高く売る方法を教えます!

【車査定Q&A】直販系とオークション系の違い

中古車買取業者には「直販系」と「オークション系」の2種類あるとお聞きしました。この2種類の買取業者を比較した場合に、どちらの査定額が高くなりますか?

結論から言ってしまうと、どっちが高いかはケース・バイ・ケースとしか言えないですね。つまり、直販系の買取業者が高く買ってくれることもあれば、オークション系の買取業者が高く買ってくれることもあるってことです。

 

どうしてそうなるのかと言うと、直販系もオークション系も、それぞれにメリットとデメリットがあるからです。つまり、直販系がうまく”ハマる”場合もあれば、オークション系がうまく”ハマる”場合もあるってことなんです。

 

 

ってことで、直販系とオークション系の、それぞれの特徴を以下にまとめてみました。よかったら参考にしてみてください。



 

「直販系」の特徴

「直販系」の買取業者は、買い取った車を、自社の販売店で中古車として販売します。買取から販売までに、他社の中間マージンが発生しないのが特徴で、その分を買取査定額に上乗せできる(つまり高く買い取れる)可能性があります。

中間マージンが発生しないのが特徴です

ただし、人気のない車(車種、カラー、グレード、走行距離など)を買い取る場合は、なかなか売れないことが予想されるので、在庫として経費がかかってしまうことを見込む必要が出てきます。なので、このあたりの経費を、買取査定額にどの程度見込んで計算するか? ここが査定士の目利きの部分になります。

メリット

中間マージンが発生しない分を買取査定額にプラスできる

デメリット

在庫が膨らむリスクを買取査定額に見込む必要がある

 

 

「オークション系」の特徴

「オークション系」の買取業者は、買い取った車をすぐに業者専用のオークションで競売にかけます。あるいは、自社で販売網を持っている場合は、一定期間だけ自社の販売網で販売し、売れない場合はすみやかにオークションに出します。つまり、基本的に横流しにするので、在庫が膨らむリスクがないということです。

在庫リスクがないのが特徴です

ただし、オークションで落札する中古車販売業者の立場からすると、買取業者が間に入ることで「中間マージン」が発生してしまいます。そのため、この中間マージンの分だけ、買取価格が下がってしまう可能性があります。

メリット

在庫が膨らむリスクがないため、その分を買取査定額にプラスできる

デメリット

中間マージンのため、買取査定額を高くできない場合がある

 

直販系とオークション系を比較して、どちらが高く買ってくれるのか? これはケース・バイ・ケースとしか言えません。直販系にも、オークション系にも、それぞれメリットとデメリットがあるからです。

 

さらに言えば、車種ごとの人気であったり、状態であったり、査定してもらう時期であったり、いろんな要因が複雑にからんでくるので、一概にどちらの査定額が高いとは言えないということです。

 

 

両方同時に査定してもらうのが合理的

 

ということで結論ですが、「直販系か? オークション系か?」ということを悩んでも意味がないかなと個人的に思います。つまり、両方のタイプの買取業者さんに査定をお願いして、実際の査定額を比較すればいいだけだと思うわけです。

 

とりあえず一括査定を利用してみてください。そうすれば、自動的にいろんな買取業者さんが査定してくれるので、とても合理的だと思いますよ。

 

便利な無料一括査定

※査定サイト一覧はこちら