【中古車査定入門ガイド】愛車を相場価格より高く売る方法を教えます!

【車査定Q&A】ローンが残っている車でも売れるか?

今度転勤で東京に引っ越すことになったんですが、東京は車が必要ないと聞きますし、駐車場代もかなり高いみたいなので、この際、車を手放そうかと考えています。ただ、今の車は36回のローンで買って、まだ残り10回ほど支払いが残っている状態です。このようなローンが残っている車でも、売ることはできるんでしょうか?

結論から言えば、ローンが残ってても大丈夫です。ほとんどの買取業者がローンが残ってても問題なく買い取ってくれます。(※一部対応してない買取業者がいるかもしれませんが…)

 

ちなみに、本来であれば、ローンの残りをすべて一括で払ってしまって、車の所有者をディーラー等から自分に変更しないと売買契約は結べません。ですが、ローンが残っている車を売りたいというニーズが多いので、最近では買取業者もローンが残っている車に対応してくれるようになってきたわけです。

 

ローンが残ってる車を売る場合の、実際の流れは次のようなイメージです。

 

「ローンの残り<買取査定額」のケース

 

・ローンの残り100万円

・買取査定額が150万円

・買取業者がローンの残り100万円を一括返済

・残り50万円がAさんに支払われる

 

 

「ローンの残り>買取査定額」のケース

 

・ローンの残り100万円

・買取査定額が80万円

・買取業者がローンの残り100万円を一括返済

・不足分の20万円をBさんが買取業者に分割で支払い

 

つまり、「ローンの残高」と「車の査定額」を比較して、不足分(あるいは超過分)を処理するというわけです。ローンが残ってる車はまだまだ新しかったりするので、ローンの残高を査定額が上回ることも少なくないです。この場合は、いくらかお金が手元に残ります。

 

手元にいくらか残れば助かりますね!

 

一方で、査定額が思ったほど伸びなくて、いわゆる足が出てしまうケースもありえます。その場合には、手放すのが得なのか、あるいは手放さずにローンを払い続けたほうがいいのか、その時点で冷静に判断すればいいと思います。

 

ということで、一昔前はローンが残ってる車は売れなかったわけですが、最近ではローンが残ってるかどうかにかかわらず問題なく売ることができます。買取業者さんはいろいろなケースに対応した経験を持ってるので、素直に事情を話して相談してみるといいです。

 

便利な無料一括査定

※査定サイト一覧はこちら