【中古車査定入門ガイド】愛車を相場価格より高く売る方法を教えます!

【車査定Q&A】人気色と不人気色で査定額の差は?

車の買い替えを検討しております。なるべく高く売りたいというのもあって、ネットの一括査定を利用する予定です。私の車は走行距離が5万キロ未満ですし、事故歴などもないので、それなりに高く売れるとは思うのですが、ボディーの色が青なので、もしかすると査定で不利になってしまうかもしれないと不安に思っています。実際のところ、人気色の場合と不人気色の場合でどの程度の差が出てしまうものなんでしょうか?

人気色と不人気色で査定額に差が出るかというと、やはり「出る」という答えになると思います。買い取る側の立場で考えてみると、それも当然のことです。人気色であれば買い取ったあとにすぐに転売できて安心ですが、不人気色の場合だと、買い取ったあとに買い手がなかなか見つからないというリスクがあるからです。

 

 

人気色と不人気色では査定額に差が出ます

 

 

では、具体的にどの程度の差が出てしまうかということですが、こればかりは完全にケース・バイ・ケースということになります。単純に「●●円の差が出ます!」とか、「●●%の差が出ます!」などという回答はできないのが現状です。

 

 

・・・という話だけではお返事になりませんので(笑)、当サイト独自の考えを述べてみたいと思います。

 

 

車種による違い

 

例えばプリウスとか、アクアとか、他にもいろいろな「人気車種」というものがあります。こういった車であれば、不人気色であってもあまり影響はないと思われます。なぜかと言いますと、人気車種はターゲットとなる顧客が多いので、どんな色でも一定のニーズがあるからです。

 

一方で、いわゆる「オヤジカー」みたいな不人気車種の場合は、サラリーマンが好むような色(白、黒)以外はニーズがありません。つまり、買取業者の立場としては、人気色以外は買い取りにくいということです。

 

幅広いユーザー層にアピールできる車種か? あるいは、特定の狭いユーザー層にしかアピールできない車種か? これによって査定額が全く変わってくるということになります。

 

 

時期による違い

 

中古車市場というのは、活況な時期と、閑散としている時期がハッキリしている市場です。例えば、年末年始の時期とか、ボーナスが支給される時期などは、非常に活況な時期の一例です。

 

このような市場が加熱している時期については、買取業者の心理としても「強気」で買い取ってくれたりします。多少無理して買い取ったとしても、勢いで売りさばける可能性が高いからです。

 

なので、こういった時期を狙って一括査定を利用すれば、不人気色であっても価格競争の原理が働いたりします。思いもかけない高額査定をゲットできる可能性もあるということです。

 

 

 

ということで、今回は「車種」と「時期」の2つについて一般論的にお話しさせていただきましたがいかがだったでしょうか? 他にもいろいろな要素が複雑にからんで査定額というのは決まってきます。一括査定を賢く利用していただいて、納得できる査定額を引き出してくださいね。



便利な一括査定を試してください

※査定サイト一覧はこちら