【中古車査定入門ガイド】愛車を相場価格より高く売る方法を教えます!

【中古車査定実践ガイド10】相場の情報を持っておくことが重要

 

 

車を高く売るために大切なことは「情報収集」ではないかと思います。なぜなら、こちらが情報収集を怠ったまま価格交渉などしたとしても、買取業者の営業マンにうまく言いくるめられてしまうのがオチだからです。



 

 

車を少しでも高く買取をしてもらいたいと考えることは、誰でも同じはずです。次に購入する車の足しにするため、高く買取をしてくれる業者を探すことが重要ですが、さらに重要なことは相場を知っておくことです。また、多くの業者に査定をしてもらうときに気になるのが個人情報ですから、できる限りこの個人情報を出さないように査定を行って欲しいと考えるはずです。

 

まずは、インターネットなどで相場を知っておきましょう。基本的には人気のあるタイプに高い査定をつけられる傾向にありますが、その人気は頻繁に変化します。SUVに人気が集中しているかと思いきや、半年後にはその人気が半減しているといったことも珍しいことではありません。

 

重要なことは、長く相場が変わらない車であることです。例えば、人気のあるカラーは今も昔もほとんど変わりはありません。人気のカラーはブラックとホワイトであり、こうしたカラーはほとんど相場が変わることなく査定は安定していると言えるでしょう。

 

また、走行距離にも注目しなければなりません。当然、走行距離については少ない方が良いと言えます。希少価値の高い車であれば、走行距離が少ない場合とても高い価値を持っている場合があります。

 

そして、インテリアとエクステリアのダメージについても意識しましょう。ダメージの少ない場合は当然、良い評価をしてもらえますが、見積をお願いする前にしっかり洗車などをして綺麗なことをアピールすることも大切でしょう。整備手帳がある場合は、必ず保管記録を提示するようにすることも重要です。とくに油脂類の交換をしっかり行っている場合は、良い査定を行ってくれる傾向にあります。

 

また、どこで見積を取得するのかも重要です。多くの業者から一斉に見積を取得できるインターネットなどは個人情報が漏れることが心配になるかもしれません。しかし、こうした個人情報は大切に保管されていますし、個人情報を入力しなくても見積を取得できるサイトもたくさんあります。

 

まずはしっかり相場を確認し、上手に買取依頼を行うことで、想像よりも少しでも高い価格で売却をすることができるはずです。時間をかけてまずは情報収集を行い検討を行いましょう。