【中古車査定入門ガイド】愛車を相場価格より高く売る方法を教えます!

【中古車査定実践ガイド4】値段つかない車が高額査定される方法

 

− ?

 

車は、人生の中でも100万円単位とか普通に掛ってしまう大きな買い物。売却するときは、できるだけ希望に沿うように高い価格で査定されて買い取ってもらいたいものです。

 

私自身、初めての売却のときは、査定の値段つかないトホホな経験もしました。理由は事故を起こしてしまったからです。二度目に、車を売却したときは、初年度登録から10年以上も経過していて査定額は値段つかないと思い込んでいましたが、実際には20万円と思ったより高く買い取ってもらえました。

 

私自身の経験から言いますと、人気車種であったりすると、例え製造から年数がかなり経過していても、中古車市場で需要が高かったりすれば、車屋さんもそういう車種は欲しがっているので、思ったよりも高く買い取ってもらえたりするようです。今は、インターネットも発達していますし、雑誌などでも調べられるますので、車を購入するときには売却することも視野に入れて購入検討することが大切かもしれません。

 

車格や排気量が同等クラスでも、人気のある車種と人気のない車種では、売却の査定時に何十万単位と大きな差として現れたりします。不人気車種だと、減価償却期間が過ぎてしまうと、値段つかないこともあるので注意したいポイントです。

 

その他に重要なポイントとしては、「ボディカラー」で、パールホワイトやブラックの人気カラー・その車種の代表的なカラーとそうでない場合であっても、査定額には10万円以上の差がついたりすることも普通にありえますのでチェックポイントのひとつではないでしょうか?

 

売却をするときは、ボディの外観や室内をピカピカにしてから、査定に出すことも肝心であり、第一印象が悪いだけで、減点項目としてチェックされ、相場よりかなり安くなってしまうことも。車をマメに手入れしていなかったため、値段がつかないことさえも珍しいことではありません。

 

その他に、値段つかない例としましては、事故歴があることで、いくら元の状態に戻しても、プロの目で見れば、一発で事故車だと見抜かれますので、くれぐれも事故には注意したいものですね。

 

なるべく高く売りたいという場合に、時間があれば、複数の自動車の販売店に査定を依頼し、コンペ方式にするなど一工夫することもおすすめしたいところ。仮に、売却する自動車が、自動車雑誌や新聞やニュースなどに掲載されるような人気の車種であれば、誰だって買い取りたいですし、買う方からしても人気車種であればあるほど、多少値段が高くても買ったりするものです。正に、心理戦的な駆け引きと言えそうです。

 

その他には、貴方の周りに自動車に関する知識が深い家族や友人がいたり、自動車メーカーのディラーや中古車販売店に勤めている人がいると、かなり有利かもしれません。もし、市場ニーズが高い車種であれば、ほぼ再販が確実であるので、ディーラーではそのような車種は喜んで欲しがりますね。

 

余談ですが、自動車は特定車種の同好会があったりマニアも沢山いるので、そのような車種は、景気不景気関係なく売れちゃったりします。キーワードは、「きれい」「競合」「カラー」「人気」ですね。