中古車査定入門ガイド|愛車を相場価格より高く売る方法を教えます!

【愛車を高く売る戦略1】下取り・買取り・個人売買

 

車を売るには、主に3つの方法があります。自動車ディーラー(トヨタ、ニッサンなど)による「下取り」、買取業者(ガリバー、ビッグモーターなど)による「買取り」、友人・知人などに自分で直接売る「個人売買」の3つです。

 

車を売る方法は下取り・買取り・個人売買の3つ

 

これら3つについて、「どんな方法なのか?」「どんなメリット・デメリットがあるのか?」をまとめてみたいと思います。どの方法なら愛車を高く売れそうか、自分なりに考えながら読んでください。

 

 

【1】新車・中古車販売業者の「下取り」

 

新車や中古車を新しく買うときに、その販売店に今乗っている車を買い取ってもらう方法が「下取り」です。現金の受け渡しはなく、新たに購入する車の購入費から、下取り料という名目で差し引かれます。

 

下取り価格が「言い値」で決まるのが怖いところ

 

「下取り」のメリット

 

新しく車を購入する人の多くが、その車の販売店で下取りしてもらう傾向があります。それはいったいなぜか? 結局のところ、下取りには「めんどくさくない」という大きなメリットがあるからです。

  • めんどくさくない
  • 交渉の必要がない

 

「下取り」のデメリット

 

ただし、下取りには大きなデメリットもあります。それは、相場価格と比べて大幅に安い値段で買い叩かれてしまうということです。

 

ではなぜ、下取りだと安く買い叩かれてしまうのか? それは、私たちユーザーには相場価格がわからないから。相場価格がわからないから、業者の言い値で契約せざるをえないわけです。

 

ちなみに、高額で下取りするように見せかけておいて、あなたが購入しようと思っている車のオプション代などで相殺しているケースも多いです。いずれにしても、下取りを選ぶと、業者が圧倒的に有利ということは知っておいたほうがいいでしょう。

  • 高く買ってもらえない
  • 高く買うように見せかけて、じつはボッタクられている

 

 

下取りを利用すると、言葉は悪いですが、ほぼ確実にボッタクられます。

 

めんどくさくないのはメリットだと思いますが、だからと言って数十万円単位で損してしまうのもバカらしいですよね?

 

なので、私が車を買い換えるときは、下取りは絶対に利用しないです。


 

「下取り」の評価

手軽さ

買取価格

総合評価

 

【2】中古車買取専門業者の「買取り」

 

ガリバー、カーセブン、ビッグモーターなど、世の中には中古車の売買を専門としている業者が多数存在します。それら買取業者に愛車を売る(買い取ってもらう)方法が「買取り」です。

 

複数の買取業者から見積もりを集め、業者間で競争させれば高額査定を無理なく引き出せます。

 

業者同士を競わせるのが高く売るポイント

 

一般的な手順

 

・ネットで査定を依頼(※車種などの情報を登録)

・買取業者から連絡がある

・出張査定の日時を打ち合わせ

・査定士(営業マン)が出張してきて査定

・査定額に満足なら契約

・お金が振り込まれる

※一括査定サイトの一覧はこちら

 

「買い取り」のメリット

 

複数の買取業者に査定してもらうと、「他社には負けたくない!」という競争原理が働きます。すると、他社より少しでも高く、少しでも高くという流れになり、査定額が自動的に高くなっていきます。

 

中古車市場には「相場価格」というものがあります。最終的には相場価格前後の適正な価格帯で売ることができます。

  • 市場原理の基本に基づいた方法
  • 予想以上の高額査定を勝ち取ることも多い

 

「買い取り」のデメリット

 

業者間で競争させようと思うと、複数の買取業者とやりとりする必要が出てきます。ここが少しめんどくささを感じるところです。だが、ひと手間かけるだけで確実に高く売れるので、ひと手間かけるだけの価値があると思います。

  • 複数の買取業者とやりとりするのがめんどくさい
  • 交渉ごとが苦手な人は敬遠しがち

 

 

複数の買取業者に価格競争してもらう。これが、高く売るための基本中の基本です。

 

最低でも3社、できれば5〜10社に競争してもらえば、間違いなく適正価格で売りさばくことができるはずです。

 

さらに言えば、営業マンの「態度」を比較できるのも大きなメリット。良心的な業者と契約したいですね。


 

「買い取り」の評価

手軽さ

買取価格

総合評価

 

【3】友人・知人やネットオークションなどで「個人売買」

 

友人・知人に直接売ったり、ネットオークションなどで売る方法が「個人売買」です。中間マージンがほとんどないため、交渉しだいでは利益をたくさん残せる可能性があります。

 

ただし、友人・知人に高く売りつけるのは気が引けるかもしれません。逆に、見知らぬ他人が相手だと、悪質な値引き交渉を仕掛けてくる危険性もあります。つまり、相手しだいで結果が大きく変わってしまう点に注意が必要です。

 

手続きの大変さ、相手とのトラブル、いろいろ心配

 

「個人売買」のメリット

 

中間マージンがほとんどないのが最大のメリット。せいぜいオークションのシステム手数料や、個人でいろいろ作業する手間賃がかかる程度です。なので、市場の相場程度で売ったとしても、まるまる自分の利益になるのは魅力的といえます。

  • 個人売買は高額で売れる可能性がある
  • 中間マージンが発生しないため利益率が高い

 

「個人売買」のデメリット

 

車の売買にはいろいろと複雑な手続きがあります。そのため、十分な知識と経験がないと、手続きに苦労してしまうかもしれません。

 

クレームをつけて値引かせようとする悪質な相手にも注意が必要です。見知らぬ他人と契約する場合には、(悪質なケースでは)弁護士に相談することも検討してみてください。

  • 車の売買には複雑な手続きが必要
  • 十分な知識と経験が必要
  • 購入者とのトラブルも怖い

 

 

もし、高く買ってくれる(可能性の高い)相手がいるのであれば、個人売買を試してみるのもおもしろいかもしれないですね。

 

ただし、手続きがいろいろ大変なのは覚悟しておきましょう。そして、相手が値引き交渉してきて、手間のわりに儲けが少ないという話もよく聞きます。初心者にはちょっと難しいかもしれません


 

「個人売買」の評価

手軽さ

買取価格

総合評価

 

まとめ

 

下取り、買取り、個人売買。どの方法にも、それぞれメリット・デメリットがあります。上記を参考にして、自分に合ったやり方を試してみてください。

 

ちなみに、個人的には、複数の買取業者に価格競争してもらうやり方が好きです。なぜなら、他社の見積もりを見せるだけで金額が上がっていくから。つまり、価格交渉が苦手な人でも確実に高く売れるからです。

 

便利な一括査定サービスもあるので、あなたもさっそく試してみてはいかがでしょうか?